うつ病の治し方(薬以外の方法)

うつ病の治し方で薬以外はあります。

うつ病の治し方は薬以外もある!

 

 

現在、うつ病の患者さんが増えています。うつ病と医師から診断された場合には、薬による治療が多いです。薬を飲みながら、今の状態を維持し、うつ病に立ち向かうという治し方です。

 

この治し方は、SSRIを含む抗うつ剤を飲みます。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言います。SSRIはセロトニンを増やす効果があります。

 

脳にあるセロトニンが少なくなり、緊張する神経である交感神経とリラックスする副交感神経のバランスが崩れてしまいます。この2つの神経は自律神経と呼ばれています。長い時間をかけストレスを感じることにより、うつ病になってしまいます。

 

セロトニンを増やすために薬を使う場合が多いですが、肝臓や腎臓に負担をかけることがあります。肝臓や腎臓に負担をかけないためには、うつ病を薬以外で治すという方法があります。

 

 

 

<薬以外でうつ病を治す方法>

 

薬を飲むと、薬を肝臓で代謝し腎臓でろ過され尿として体の外へ出します。長期間飲み続けると、肝臓や腎臓の機能が低下する恐れがあります。そこで、うつ病の治し方として薬以外で何とかした方がいいのです。

 

SSRIなどの抗うつ剤は、セロトニンを増やす効果があります。この薬以外でセロトニンを増やす方が安全です。

 

では具体的にどのような治し方があるかをご説明します。

 

人はストレスを感じると疲れてしまいます。交感神経によって緊張し疲れます。そこで副交感神経が働いて体を休ませます。この状態が理想です。疲れがたまりすぎて、寝不足になりうつ病になるケースが多いです。生活リズムを変える方法が一番良い方法です。しかし現在のストレス社会では、なかなか難しいことです。学校や会社を長期間休むことが一番良いのですが、自分自身の立場が危うくなります。その繰り返しが起こり慢性的にストレスを感じます。この繰り返しを絶たないといけません。

 

そこで薬以外治し方は、寝不足を解消させるサプリメントを使うことです。サプリメントでセロトニンを増やし、寝不足を解消させます。寝不足は十分にリラックスしていないため、セロトニンが減ってしまいます。サプリメントは、栄養などを補助してくれる食品という立場です。

 

サプリメントを使ってうつ病を治すことは、薬以外の治し方の1つです。
セロトニンを増やすサプリメントには、「リラクミンSe」というサプリメントがあります。
リラクミンがなぜうつ病に効果があるのかをご説明します。

 

 

<リラクミンSeがうつ病に良い理由>

 

リラクミンを飲むことは、薬以外でうつ病の治し方です。

 

寝不足を解消させるための薬ではありません。いわゆる、睡眠導入剤ではありません。
リラクミンSeの特徴を見ながら、うつ病に良い理由をご説明します。

 

その1:ラフマ葉エキス

 

ラフマ葉エキスという、リラックスするための補助をしてくれる成分が入っています。ラフマ歯に含まれるエキスが、セロトニンを増やす助けをしてくれます。セロトニンが増えることにより、リラックスできます。

 

その2:ギャバ

 

ギャバは知っている方が多いと思います。アミノ酸の1つです。
このギャバはリラックスする効果があるアミノ酸です。ラフマ葉エキスとの相性が抜群に良く、うつ病にありがちな焦燥感や、不安などに効果があります。

 

その3:クワンソウ
琉球王朝時代からあるクワンソウです。睡眠の質を上げます。睡眠の質が悪いため寝不足または、寝ても疲れが取れないという状態に陥ります。この状態から脱出させるために使われています。睡眠の質を上げ、翌朝にスッキリと目覚める効果があります。

 

主な成分はこの3つです。またビタミンB群がさらに底上げをしてくれます。

 

リラクミンSeには、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシン・パントテンも配合されています。
これらはビタミンB群と呼ばれるものです。ビタミンB群には、心と体の調整に必要です。
睡眠の質を上げ、ストレスを解消させる効果があります。

 

これらの成分が1つになったリラクミンSeは、現在のストレス社会に立ち向かう素晴らしいサプリメントです。

 

医師の受診料+薬とリラクミンSeを比べてみると、ほぼ同じ価格です。(薬によります)
内臓を壊すことなく、安全に安心して使えます。

 

ぜひリラクミンSeを利用してください。